運動会延期のとき仕事どうする?行けないときの対処法

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

先週の土曜日は、小学1年生になった長女の初めての小学校の運動会でした。1週間前から天気予報をチェックし当日を楽しみにまちました。

1週間前の予報では曇、運動会をするには丁度いい天気だなと思っていましたが、日にちが近づくに連れ、予報は変わり、そして台風まで接近し、当日は朝から小雨がパラつく天気でしたが、予定通り運動会は開催!!

我が家は共働きのため予定通りに運動会がスタート出来たことに安堵しつつも、開会式の間も雨が止むことはなく、急ぎ足で開会式を終え、プログラムの変更がありつつも演目がスタートしました。

雨は降ったり止んだり、傘が手放せないまま運動会は進み、開始から1時間半が経った10時半過ぎ、ついに運動会は中断となり、続きの演目は週明けの火曜日に行われることとなりました。

日曜と月曜(振替休日)は休み、火曜日運動会、水曜日から金曜は通常授業でした。

運動会延期のとき仕事どうする?

運動会が行われたのは土曜日は、日曜日が予備日として設定されていましたが、天気予報では日曜日は1日中強く雨が降るとのことで、週明けの火曜日の朝9時から運動会の続きが行われることになったのですが、問題は

運動会を優先して仕事を休むか、子どもに説明して仕事に行くか

という選択をせざるを得ないということです。

1年生が行う、徒競走、玉入れ、ダンスのうち土曜日に行われたのはダンスのみ。徒競走と玉入れは来週の火曜日に延期です。

ダンスは見れたから、徒競走と玉入れは見れなくても仕方ない

という気持ちと、

初めての小学校の運動会だから全ての演目をみてあげたい

という気持ちがありました。

色々は気持ちを抱えながら、旦那と相談。旦那は忙しい時期らしく「ちょっと難しいかなぁ」という返事でした。

誰も見に行かないというのは可哀想だと思ったので、月曜日の振替休日は長女には学童に行ってもらい私は仕事に。代わりに火曜日はお休みをいただけるように調整しました。

会社には「事前に天候不良の可能性があって運動会が火曜日になった場合は仕事を休む可能性がある」ということは伝え、支障が出ないように事前に調整はしていました。

運動会延期で見に行けないとき、子どもに何と言う?

ママ友の中には、どうしても仕事を休めず、火曜日の運動会はパパもママもどちらも見に来れないというご家庭もありました。

そういった場合は、天気予報が微妙になった段階で子どもに「運動会が平日になってしまった場合には見に行けない」ということを伝えていたそうです。

事前に伝えておくというのは重要だと思います。我が家の場合、土曜日に運動会ができると思っていたため延期になった場合の話は子どもにしていませんでした。そのため、火曜日に延期が決まったときに、パパから子どもに「火曜日は見に行けないんだよね」と伝えた時、長女はひどくショックだったようで、何度も「どうして?どうして?」とパパに尋ねていました。

子どもとしても、親が見に来れないという気持ちを整理する時間は必要だと強く思いました。

幸い、パパの職場は比較的近郊だったため、昼休み休憩を早めに取らせてもらえるように会社と交渉し、玉入れだけは見に来れました。パパを見つけたときの長女の表情はとてもうれしそうでした。

運動会が平日に延期になり、仕事のため見に来れないというのは、子どもも頭では理解できても、気持ちでは納得できない思いが強いようです。

でも、火曜日に来ていた保護者は8割ママで、パパの観覧者はとても少なかったです。

同じ保育園だったご家庭の中で、1番多いパターンは午前中だけ見に来るというママが1番多かったように思います。

運動会延期で見に行けないとき、様子を見る方法

どうしても仕事を休めず、パパもママのお仕事のご家庭は、写真販売、DVD販売という選択肢以外に

ママ友に頼むという

方法が良いと思います。実際に、火曜日の運動会を見に来れないご家庭の子の様子を互いにラインで送り合って、徒競走の順位や画像を送ってあげました。

開会式や閉幕式を除いた子どもの演目の時間はトータルで15分ぐらいだと思うので、その15分のために仕事を休むか悩むお気持ちはとても分かります。

なので、仕事で運動会を見に来れないご家庭があったとしても、皆さん協力してそのご家庭の子の情報を教えてくれると思います。だって、仕事をしていたら、どうしても休めないときって必ずありますよね?お互いにその状況や親の気持ちがわかるからこそ、代わりに写真を取ってあげたり、徒競走の順位を教えたりと協力してくれるんだと思います。

まとめ

できれば、土曜日か、日曜日の仕事が休みの日に運動会を行って欲しいと思われるご家庭がほとんどですよね。

でも、運動会は天候に左右されますから、どうしても無理なときに延期は仕方がないと思います。

なので、事前にしっかりと天気予報をチェックし、予定通りに行われた場合、順延になった場合などを想定し、子どもとも話あっておくことが大事だと思います。

全てを見に行けなくても半休だけ取得したり、勤務地が近い場合は、その時間帯だけ仕事を抜けれるように調整し、運動会を見に行けるようにすると、お子さんも喜ぶと思います。

仕事で見に行けない場合も、ママ友に頼んで様子をすることができれば、ママも安心だし帰宅後に子どもと話すときに「徒競走1位だったんでしょ?凄いね」と一言言ってあげるだけでも子どもは喜んでくれると思います^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする